9月。暦は火憐から、道場に突如現れた老木の話を聞く。気味悪がられて伐採されようとしているその木を守りたいという火憐だったが——ついにファイヤーシスターズが登場。これまでとは怪異譚へのアプローチに違いが見えるエピソードとなっていました。

スポンサーリンク

第六話 こよみツリー

写真 2016-02-27 0 02 54

写真 2016-02-27 0 04 49

OPは「marshmallow justice」この髪型の火憐も懐かしいですね

写真 2016-02-27 0 10 01

写真 2016-02-27 0 05 30

写真 2016-02-27 0 10 43

おっぱいおっぱい言いすぎw神原を思わせる話の脱線ぶりで一向に物語が進展しないwww

写真 2016-02-27 0 07 13

写真 2016-02-27 0 07 41

写真 2016-02-27 0 07 52

なんとか木を守りたい火憐に羽川から助言が。阿良々木くんがすっかり仲介人みたいになってます……

ついに『偽』ヒロインの片割れ、火憐が登場。
神原回を思わせる会話の応酬で話が一向に進まないw 10分尺のアニメで一体何回「おっぱい」という単語が出てきたのでしょうか。。。

今回は木にまつわる怪異譚。道場の人間が木を認識できなかった理由を追うのではなく、切られないようにする方法を探すというこれまでとは少し違ったアプローチで物語が展開。同調圧力をパンデミックと称するのは言い得て妙だなと思いましたが、そこまで広がった空気を劇中程度の理由付けで回避出来るのかというと、正直難しいんじゃないのかなぁなんて。案外、火憐の強引さもあっての結末だったりするのかもしれませんね。

それにしても……『暦物語』の阿良々木くんはすっかり仲介業者みたいになってますね。今シリーズで彼のかっこいいところは見れるのでしょうか。。。

スポンサーリンク

関連商品