電撃文庫の人気シリーズ『とある』最新刊が登場!『理想送り』との激闘を終えた上条を待っていたのは、まさかの留年問題!?進級するため別の学校を通うことになった彼を待ち受けていたものとは——?

スポンサーリンク

電撃文庫にて、鎌池和馬さん原作の人気シリーズ『新約 とある魔術の禁書目録』最新15巻が発売されます。

978-4-04-865884-3-200x282

出典 http://dengekibunko.jp/newreleases/978-4-04-865884-3/

転校先にも、右手に『理想送り』を持つ上里は現れた。
『上条の日常』が、音を立てて崩れていく――!

「ぼくの『理想送り(ワールドリジェクター)』ときみの『幻想殺し(イマジンブレイカー)』。ぶつかったらどっちが勝つのかな?」
 神をも凌駕する右手を持つ少年二人の激突から一夜明け。
 上条当麻と上里翔流は、譲れない想いを胸に、学校の食堂で献立片手に睨み合う!? 
 説明しよう。魔神・僧正の暴走により学校を破壊された上条は、留年阻止のため別の学校に通うことに。そこには非常に頼りないミニマム生徒会長女子・ビクビクウサギさんと、因縁の相手である上里がいて……!?
 世界を賭けた戦いよりも留年の脅威を感じ、それどころではない上条。一方の上里も、なぜかフレンドリーに接してくる。これは意外にも熱き友情路線にルート変更か? と感じた刹那。
 街に半裸レインコートの少女が現れた。
 少女は、圧倒的な力で学園都市の超能力者(レベル5)たちを手玉に取っていく……! 
 その半裸少女の正体は、謎の第三勢力……ではなく、あの上里さえも畏怖する妹・去鳴(サロメ)で――!?

出典 電撃文庫新刊情報より抜粋

世界を救ったヒーローも単位には勝てなかった!?

いきなり真っ当な学園モノに突入という、激闘続きだった前巻までと比べてかなり緩めの展開……。しかし『とある』でありがちな“あらすじ詐欺”の可能性も大きいだけに、後半のどんでん返しにも期待したいところ。前回死闘を繰り広げた上里が本筋にどう関わっているかにも注目ですね!

『新約 とある魔術の禁書目録』14巻は4月9日発売。定価は650円(税別)です。

スポンサーリンク

関連商品