メディアワークスの誇る「美味しい」人情ミステリが完結!前巻でついにその正体が明らかになった冨樫と栗田が運命の邂逅——果たして葵にまとわりつく過去の亡霊を引き剥がすことができるのか……?

スポンサーリンク

似鳥航一さん原作『お待ちしてます 下町和菓子 栗丸堂』最新5巻が3月25日に発売されます。

お待ちしてます 下町和菓子 栗丸堂 (5) (メディアワークス文庫)

涙も笑いもすべて受けとめて。人をつなぐ和菓子の物語、完結

 浅草に夏がやってきた。和菓子は涼を求められる季節である。水無月、氷室、若鮎。そのうちのひとつ、清流の美を表現する若鮎を作ることになった栗田。これが富樫との思いもよらぬ邂逅をもたらす。はたして、彼の真意とは?
 いっぽう、若者の季節の到来に、それぞれの想いが交錯する。栗田は彼女らの想いを受けとめ、応えていくために奮闘するのだった。
 葵に影のようにまとわりつく過去の亡霊、富樫と決着をつけるべく。
 かけがえのない時をともに歩んできた由加が、新たな一歩を笑顔で踏み出せるように。
 物語はいよいよ佳境へ。

出典 メディアワークス文庫新刊紹介より抜粋

メディアワークスの誇る「美味しい」人情ミステリ『栗丸堂』最新刊が登場。

4巻のあとがきにあった通り、物語はついに佳境に。葵の傷の元凶ともいえる冨樫が姿を現した理由とは——さらに栗田・葵、準レギュラーである由加も交えた恋の行方など、最終巻らしい見所の多い一冊になりそうですね。

『お待ちしてます 下町和菓子 栗丸堂』5巻は3月25日発売。定価は594円(税込)です。

スポンサーリンク

関連商品