筆者がそのつど思い思いのことを書いていく新コーナー「読」モヤマバナシ。記念すべき第一回は、ラノベの定番とも言える、“何をやってるかよくわからない、架空の部活”を題材にした作品を筆者の独断と偏見でご紹介します!

スポンサーリンク

ジャンルにこだわらずにそのつど思い思いのことを書き記していく新コーナー「読モヤマバナシ」。
記念すべき第一回は、『新学期に読みたい!“変な部活ラノベ”5選』と題しまして、ライトノベルのイチジャンルともいえる、“何をやってるかよくわからない、架空の部活”を扱った5作品をご紹介します。

谷川流「涼宮ハルヒの憂鬱」

涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)

「ただの人間には興味ありません。この中に宇宙人、未来人、超能力者がいたら、あたしのところに来なさい。以上」。入学早々、ぶっ飛んだ挨拶をかましてくれた涼宮ハルヒ。そんなSF小説じゃあるまいし…と誰でも思うよな。俺も思ったよ。だけどハルヒは心の底から真剣だったんだ。それに気づいたときには俺の日常は、もうすでに超常になっていた―。第8回スニーカー大賞大賞受賞作。

出典 Amazon商品紹介より抜粋

ただの人間には興味ありません。この中に宇宙人、未来人、異世界人、超能力者がいたら、あたしのところに来なさい。

非日常に憧れるヒロイン・涼宮ハルヒによって設立された学校非公式クラブ「SOS団」のメンバーを中心に巻き起こる、SF学園モノ。架空部活ものの金字塔とも言っても過言ではない有名作。京都アニメーションにより二度のTVアニメ化がなされ、一大ブームとなりました。
エンドレスエイト?……知らない子ですね。。。

米澤穂信「氷菓」

氷菓 (角川文庫)

何事にも積極的に関わらない奉太郎が、姉の命令で入部させられた古典部で、部員の少女の叔父が関わった三十三年前に起きた事件の真相に迫る。省エネ少年と好奇心少女が繰り広げる青春ミステリー。

出典 Amazon商品紹介より抜粋

わたし、気になります!

進学校・神山高校の「古典部」を舞台にした、「日常の謎」に分類されるミステリー作品。本作はのちに〈古典部〉シリーズと題される一連の作品の第1作で、省エネ主義をモットーとする主人公・折木奉太郎が、彼とは正反対のヒロイン・千反田えるの好奇心に巻き込まれながら謎を解決していく様子が描かれています。
ちなみにこの作品も京都アニメーション制作でTVアニメ化がされました。脚本・作画ともに高いクオリティで映像化されているので、未見の方はぜひ!

平坂読「僕は友達が少ない」

僕は友達が少ない (MF文庫J)

学校で浮いている羽瀬川小鷹は、いつも不機嫌そうな少女・三日月夜空が一人で楽しげに喋っているのを目撃する。「もしかして幽霊とか見える人?」「友達と話していただけだ。エア友達と!」「……」小鷹は夜空とどうすれば友達が出来るか話し合うのだが、夜空は無駄な行動力で友達作りを目指す残念な部まで作ってしまう。しかも何を間違ったか続々と残念な美少女達が入部してきて――。みんなでギャルゲーをやったりプールに行ったり演劇をやったり色々と迷走気味な彼らは本当に友達を作れるのか? アレげだけどやけに楽しい残念系青春ラブコメディ誕生!

出典 Amazon商品紹介より抜粋

え? なんだって?

生まれつきの髪色から周囲にヤンキーと誤解され孤立している羽瀬川小鷹と、同じく人付き合いに不慣れでクラスから浮いてしまっている三日月夜空が友達を作るために「隣人部」を創設。のちに入部してくるどこか残念な美少女たちとともに繰り広げられる“残念系ラブコメ”。小鷹がヒロインからの好意をごまかすために発した「え? なんだって?」というセリフがシチュエーションとともに話題となり、作品の代名詞にもなりました。

渡航「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (ガガガ文庫)

孤独に負けず。友達もなく、彼女もなく。青春を謳歌するクラスメイトを見れば「あいつらは嘘つきだ。欺瞞だ。爆発しろ」とつぶやき、将来の夢はと聞かれれば「働かないこと」とのたまう―そんなひねくれ高校生・八幡が生活指導の先生に連れてこられたのは、学校一の美少女・雪乃が所属する「奉仕部」。さえない俺がひょんなことから美少女と出会い…どう考えてもラブコメ展開!?と思いきや、雪乃と八幡の残念な性格がどうしてもそれを許さない!繰り広げられる間違いだらけの青春模様―俺の青春、どうしてこうなった。

出典 Amazon商品紹介より抜粋

青春とは嘘であり、悪である

READERZイチオシ作品。友達がいない“ぼっち”な主人公・比企谷八幡は学校の相談所的な部活動「奉仕部」に無理やり入部させられる。学校で巻き起こる様々なトラブルを解決しつつ、ヒロイン・雪ノ下雪乃と由比ヶ浜結衣との複雑な恋愛模様が描かれていきます。昨年はTVアニメ第2期が放送。同作のBD&DVDには本編とは異なる展開を見せる特典小説「a」シリーズが付属され、話題となりました。

西尾維新「美少年探偵団」

美少年探偵団 きみだけに光かがやく暗黒星 (講談社タイガ)

十年前に一度だけ見た星を探す少女――私立指輪学園中等部二年の瞳島眉美。彼女の探し物は、学園のトラブルを非公式非公開非営利に解決すると噂される謎の集団「美少年探偵団」が請け負うことに。個性が豊かすぎる五人の「美少年」に翻弄される、賑やかで危険な日々が幕を開ける。青春ミステリーの新機軸!

出典 Amazon商品紹介より抜粋

僕にあるのは、美学だけだ

指輪学園中等部で秘密裏に活動している組織・「美少年探偵団」に所属する5人の男子と一人の少女を描く。青春ミステリーと称されるものの、中身は謎解き要素の薄いトラブル解決もの。ストーリー自体は非常に王道なものの、キャラクターを前面に押したつくりになっているので、好みがわかれるかもしれませんね。

以上、筆者がオススメする架空部活もの5作品でした。新入生の部活探しには全く役に立ちませんが(笑)、どれも面白い作品なのでぜひ読んでみてくださいね。

これからもこの「読モヤマバナシ」ではラノベ、マンガに限らずそのつど思い思いのことを書き記していこうと思っています。次回もお楽しみに!

スポンサーリンク

関連商品