『ダンまち』待望の最新刊がついに発売!同時発売される限定版では書き下ろし短編を収録した小冊子が付属されます

スポンサーリンク

GA文庫の人気ライトノベル『ダンまち』最新10巻が5月13日に発売されます。

理知を備えるモンスター『異端児(ゼノス)』との邂逅も束の間、ベルはウィーネと引き離されてしまう。
懊悩の日々に埋もれるベルだったが、ウィーネにも魔の手が迫ろうとしていた。 そして、

『武装したモンスターの大移動を確認! ギルドは討伐任務を発令します! ! 」
暴走する『異端児(ゼノス)』によって賽は投げられた。
引き鉄となったのは暴悪な狩猟者(ハンター)達、代償は都市の全派閥を巻き込む動乱。
激動のオラリオで少年は決断を迫られる。

憧憬と怪物、現実と理想、英雄と罪人。
人類とモンスターの狭間で、ベルは──
「君は、本当に愚かだな……」

これは少年が歩み、女神が記す、
──【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】──

出典 Amazon商品紹介より抜粋

『異端児(ゼノス)』への討伐命令が下ったオラリオ。
前巻のウィーネとの邂逅は、ベル達ヘスティア・ファミリアとギルドとの対立フラグとなってしまうのでしょうか……。表紙のベルがかつてないほどに鬼気迫る表情なのが不安を煽ります。彼の得物にしては珍しい長剣や、羽織っている血まみれのローブなど色んな想像をかきたてるイラストになっていますね。

なお、今巻は原作者書き下ろし短編が収録される小冊子付き限定版が同時発売。『俺ガイル』担当イラストレーターぽんかん8氏の美麗なイラストが表紙を飾る豪華仕様となっていますので、欲しい方は予約を忘れずに。

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』 10巻は5月13日に発売。定価は通常盤が713円、限定版が1048円(ともに税込)です。

スポンサーリンク

関連商品