読モヤマバナシ第五回は、公開されるかどうかもわからない“劇場版デレマス”を大胆予想!しばし筆者の妄想にお付き合いください……

スポンサーリンク

『シンデレラガールズ』待望の4thライブが開催!
劇場版の発表があるかも!?

スクリーンショット 2016-06-12 17.15.24

出典 http://idolmaster.jp/event/cinderella4th/information.php

『アイドルマスター シンデレラガールズ』の4thライブが発表されました。
“THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 4thLIVE TriCastle Story”と題された本ライブは神戸ワールド記念ホールとさいたまスーパーアリーナ(SSA)にて、全4公演行われる予定です。

出演メンバーは表題にある3つの城を模して、神戸2DaysとSSAの1日目・2日目で大きく様変わりするのですが、なかでもやはり注目はSSA2日目。
“346 Castle”と称される本公演には、ライブイベントでは初となるCPメンバー14人全員集合に加え、トライアドプリムスの北条加蓮・神谷奈緒を演じた渕上舞さんと松井恵理子さん、さらにはプロデューサー役の武内駿輔さんも出演者として名を連ねる豪華なステージとなります。

ちなみに開催日の10月16日は、

TVアニメ版2ndシーズンの最終回が放送された日

この日にアニメのメインキャストが揃い踏みとなれば、やはり期待したいのがアニメシリーズ続編の発表。もっと言えば、劇場版の発表の有無に一番注目が集まっているのではないでしょうか。
TVアニメ3期やOVAだったり、そもそもアニメ続編なんかなかった、って可能性ももちろんあるのですが、ファンとしてはどうしても期待してしまうのはしょうがないところ。

そこで今回は、仮に劇場版が製作されるのだとしたら、果たしてどのような内容になるのか。その展開をちょっと予想してみたいと思います。

主役は凛!?
劇場版『アイマス』にヒントが隠されている……かも

main6

出典 Google画像検索

劇場版の展開を予想する上でやはり参考にしたいのが、 TVアニメ版の内容。
TVアニメ版『シンデレラガールズ』は、シンデレラプロジェクトのメンバーである14人を軸にしつつ、本作の“信号機”であるニュージェネレーションズの3人のキャラクターを掘り下げる内容になっていました。

e67a8263

出典 Google画像検索

1stシーズンでは未央の、2ndシーズンでは卯月の再起が描かれ、それらの騒動を通しながら凛は2人と一緒に「夢中になれるなにか」を見つけていく……というのがTVアニメ版の大まかな流れに。
特に2ndシーズンは卯月のソロ曲「S(mile)ING!」に沿った流れとなっており、彼女が失った笑顔を取り戻すまでを描いた23・24話はシリーズ屈指のクオリティとなっていました。

thumb_a5d9fafc-4f4c-46b5-ab45-d03b5ba4f476

出典 Google画像検索

一方未央はというと、ストーリー全体の“谷”となる部分を一人で背負ってしまうパターンが多く、結果としてファンからのヘイトを集めてしまうこともありました。しかしそれは、裏を返せばそれだけ多くの描写が未央に割かれていたという証左にもなり、筆者としては数多くのキャラクターが登場する本作において彼女が一番挫折→再起→成長をキチンと描かれていたのではないかと思います(魅せ方として正しいものだったか、と言われるとまた別の話ではありますが……)。

SnapCrab_PC TV with nasne™_2015-9-5_10-30-40_No-00

出典 Google画像検索

では、凛は。第1話にて卯月の笑顔に惹かれ、あるいは20話で加蓮・奈緒の歌声に可能性を感じて、自分が夢中になれるなにかを探すため行動してきた彼女ですが、筆者にはNGSで彼女だけ挫折も再起も成長も描かれていないように見えました。
この辺りはアニメを視聴した人の中でも意見が分かれるところかもしれませんが、少なくともTP参加への葛藤〜秋ライブへの流れは卯月、未央のそれとは明らかに毛色が違うのではないかと。

故に、もし『シンデレラガールズ』の劇場版が製作されるのであればその部分にスポットが当たるのではないかと思うのです。

0f795135

出典 Google画像検索

もう一つ、凛にスポットが当たるのではと思った背景に劇場版『アイドルマスター』の存在があります。
本作はバックダンサーのミリオン組を通して、天海春香がどういうアイドルなのかを改めて描いたものとなっていました。
言い換えればTVアニメ版23〜24話を補完するような内容になっており、実際にTVアニメ版では言及されなかった、なぜ春香が「みんな一緒」にこだわるのか、その理由が劇場版で改めて描写されることになります。

上記の理由から、劇場版『シンデレラガールズ』もTV版を補完するようになるのではないかと。そしてその場合、ストーリーの軸となるヒロインは凛しかいないのではないかと思いました。

結論ありきで理由を肉付けしていった感は拭えませんが、筆者の劇場版の予想……というか妄想はこんな感じです。
果たして本当に劇場版が製作されるのかどうか……少なくとも何かしら新しい展開が発表されるとは思うので、10月16日を楽しみに待ちたいと思います。

……ライブの先行抽選、当たると良いなぁ。。。

スポンサーリンク

関連商品