人気沸騰中の『ネトゲ嫁』最新刊!LAのバグにより、新職で新たにアカウントを作ることになったネトゲ部一同。新キャラになかなか馴染めないアコだったが、リアルのクラスでも厄介な問題に巻き込まれてしまい——? ルシアンとアコに離婚の危機が!?騒動の中でアコのちょっとした成長が感じられるエピソードが描かれます。

スポンサーリンク

アプデがバグってキャラ凍結!?
混乱必至の第11弾

『ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?』11巻を購入しました。
LAでのバグに加え、リアルでも厄介な問題に巻き込まれてしまうルシアンとアコ。騒動の中でアコのちょっとした成長が感じられるエピソードになっています。

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.11 (電撃文庫)

新職解放のアプデが無事に済むとか思った?
――残念! キャラがバグっちゃいました!

「致命的な不具合が発生したため四次転職を行った全キャラを一時的に凍結します」
新職解放のアップデート当日。ワクテカしながら転職した残念美少女・アコたちネトゲ部一同(セッテ除く)を待っていたのはまさかのバグとキャラクター凍結!
しかも運営さんの次なる一手は――期間内に新キャラを作成し、レベル30にできた方にプレゼントをあげちゃいます! ってなんですかその対応は!
「対応が斜め上だー! 」 「お詫びにレベルを上げさせてあげます! やりましたね! 」
「やったっていうか、やらかしてるわよね」「運営サイドも混乱しているのだ……」
と言いつつ、せっかくなのでと普段と違う職業で新キャラを作ったアコたち。
慣れない新キャラに大混乱しつつも、誰もがキャラ凍結を食らっているせいでオープン直後のようなカオス空間になったLA内で、レベル1から始める大冒険のスタート!
……でも、夫婦状態の凍結に合わせたアコと英騎のやりとりが、リアルのクラスにまでカオス状態を巻き起こし……二人の愛がクラスの危機まで救う、かも?
アニメ絶好調放送中! 残念で楽しい日常≒ネトゲライフ、混乱必至の第11弾!

出典 Amazon商品紹介より抜粋

教室での「代理戦争」に巻き込まれる西村夫妻
「リア充」と「ぼっち」の狭間でアコが出した答えとは

unspecified

「いやー、あの凄い割にどっか抜けた人が完璧超人なわけないだろー」
「凄いですけど、普通にやらかしますよね」
「そーゆーのを見せる時点で、あの子にとっては気を許してるの」
そこで言葉を切って、瀬川は窓の外に視線を向けた。
少しだけ残念そうに、でもどこか強い口調で言う。
「もっと頼って欲しいとは、あたしも思ってるけどね」

出典 『ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? LV.11』 P245より抜粋

クラスの問題の解決に、ひとり奔走する秋山さん。「凄いけどやらかす」はまさに前巻での彼女ですが、確かに出始めのころに比べると隙が見えるようになっていて、巻数の積み重ねが感じられます。他のシーンでは茜と同様に視線で会話する描写もあり、すっかり彼女もネトゲ部の一員ということですね。

「母になった私の本気を、お見せします!」
〈中略〉
◆☆アコ☆:キラキラのエンチャントを取りにぽわりん島に来てます。レベル30じゃえんぺらーぽわりんに勝てません! 誰か手伝ってください!
素直な訴えがチャットに流れる。
「なるほど、俺達以外の人も居れば勝てるかもな」
「……アコの本気って、人頼みなの?」
「違います。私の本気とは、できることはすべてやる、ってことです!」

出典 『ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? LV.11』 P289より抜粋

ネトゲがきっかけで吹っ切れるというなんとも本作らしい展開。人付き合いの正解なんて普通に友達がいる人間でもなかなか答えが出ない問題で。そんななかでぼっちでも「これは譲れない」という一点(ルシアン)がブレない、アコの強さが描かれていたようにも思えます。今回の騒動を経て自分なりの距離の測り方を覚えたアコ。案外ルシアンの方が置いていかれているような印象も受けますが、これも原作者の狙いなのかな?

 

ネトゲのイベントと現実世界の問題をリンクさせた展開が特徴の本作ですが、今回はそこがより顕著に、しかも上手に機能していたように思います。
特にアコの新アカウントへの違和感を彼女の変化に暗喩させる話運びは見事。LAでのぽわりん討伐から「アコらしい」方法でクラスでの問題を解決するラストには彼女の成長が感じられ、読後感の良い一冊になっていました。

それにしても、クラスメイトの名前を覚えていなかったりとか、巻を増すごとにアコよりもルシアンのマズさが浮き彫りになってきているような気も……この辺りがいずれ問題になったりするのかな?単なるコメディ要素かどうかの判断が難しいですが……。

筆者的には後輩キャラのみかんが出てこなかったのが少し残念。次巻での登場に期待したいですね。

総評

構成の妙とアコの成長が光るエピソード

前巻に比べるとネトゲ描写の比重が多め。これまで以上にネトゲとリアルをリンクさせる構成が緻密になっていた印象。本作ももう11冊目になりますが、今回描かれたアコのちょっとした変化や、改めてネトゲ部に入部した秋山さんとの距離感など、巻数の積み重ねが活きているなぁと感じたエピソードでした。

4
スポンサーリンク

関連商品