3人の人気作家による一大企画〈プロジェクト・クオリディア〉最新作が登場。今夏放送されるTVアニメ「クオリディア・コード」千葉編の前日譚となっています。

スポンサーリンク

「俺ガイル」などで知られる作家・渡航さんによる〈プロジェクト・クオリディア〉最新作『どうでもいい 世界なんて ―クオリディア・コード―』が7月20日に発売されます。

どうでもいい 世界なんて: ークオリディア・コードー (ガガガ文庫)

アニメ「クオリディア・コード」千葉編!

正体不明の敵<アンノウン>によって、世界が崩壊した近未来。今も<アンノウン>との戦争を続ける防衛都市・千葉に暮らす千種霞は、今日も今日とて「終わらない残業と不毛な営業」と戦っていたーー。成績不振により天然系うっかり女子の蓮華と共に戦闘科から生産科へと出向させられた霞を待ち受けていたのは、しっかり者の上司・朝顔が仕切るブラックな職場環境。TVアニメ放送中の『クオリディア・コード』の「千葉編」前日譚、完全書き下ろし小説として登場!

出典 ガガガ文庫刊行予定より抜粋

「変猫」のさがら総さんとの共著である『クズと金貨のクオリディア』以来となる、渡航版「クオリディア・コード」がついに発売。
全体的にファンタジーな世界観のなかでそこはかとなく匂う“俗っぽさ”は、まさに渡航イズムといったところでしょうか。

また、主人公兄妹が『クズと金貨』の千種姉妹と同じ苗字な点も気になるところ。果たしてどのような関連性があるのか、注目していきたいですね。

『どうでもいい 世界なんて ―クオリディア・コード―』は7月20日発売。価格は620円(税込)です。

スポンサーリンク

関連商品