大人気シリーズ第5巻は初の長編構成。叔父・設楽教授の残したファイルを手掛かりに、十年前の事件に挑む櫻子と正太郎を描いています

スポンサーリンク

大人気ミステリ作品の第5巻はシリーズ初の長編
叔父の残したファイルを手掛かりに、十年前の事件に挑む

太田紫織さんの人気シリーズ「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」第5巻『冬の記憶と時の地図』を購入しました。

前巻にて登場し、不気味な存在感を残したシリアルキラー・花房。その影を追って十年前の事件に挑む櫻子と正太郎が描かれています。

櫻子さんの足下には死体が埋まっている 冬の記憶と時の地図<櫻子さんの足下には死体が埋まっている> (角川文庫)

北海道・函館。僕、正太郎と、骨と謎を愛するお嬢様・櫻子さんは、かの街に旅行することに。と言っても、楽しむためだけじゃない。櫻子さんが敬愛する、法医学者の叔父さんが追いかけていた、ある事件の調査のためだ。その事件と、僕らが解決した事件に共通するのは、蝶の形をした骨・蝶形骨。時を越えた謎に挑む僕らだけど…。凛として孤高、なのに無邪気な櫻子さんの魅力が伝わる掌編も収録。大人気ミステリ、シリーズ初の長編!

出典 Amazon商品紹介より抜粋

一つの事件を二つの時間軸で追う構成
より深く掘り下げられた櫻子のキャラクターにも注目

今回はシリーズ初の長編。十年前と現在の二つの時間軸で物語が進んでいきます。

1冊分使って一つのエピソードが描かれていることもあり、これまでネックだった読み味の薄さがそれほど感じられず、ストーリーの構成もしっかり練られていたので、個人的には短編スタイルより今巻のような長尺で物語を描いたほうが良いのではないかなぁと思いました。ただし、ラストシーンだけはちょっと強引だったかな。いくら櫻子さんでもなんの保険もなしに犯人と相対するとは思えなかったので……。

謎解きに関しては、ストーリーの進行上ある程度真相がわかりやすくなっていました。二つの時間軸を利用してミスリードさせるような箇所も見られましたがこの辺りは相変わらず薄めですね。
しかし、正太郎と「ソウタロウ」の真実や、叔父・設楽教授とのやりとりから改めて櫻子というキャラクターの危うさが描かれるなど、より登場キャラクターに迫れる一冊になっていたと思います。

その中でもやはり気になってしまうのが正太郎の「舞台装置」感。これは1巻のレビューでも書きましたが、巻が進んで色々な設定が足されていくほどに強くなっている気がします。この先のエピソードを読むに、それもある種意図的に為されているのかな、と思えなくもないのですが、果たして……?

10月にはTVアニメも放送される本作。花房の事件を扱うのであれば、この巻のエピソードをどう描くかががかなり重要になってくると思うので、いまから映像化に期待したいと思います。

総評

シリーズ初の長編。これまで張られていた伏線も少しずつ明らかに

短編構成だった「櫻子さん」シリーズ初の長編。1冊丸々一つの事件を扱っているだけあって、前巻までに比べると読み応えもありました。

ただし、ラストシーンの展開が櫻子さんの性格を差し引いても少し強引に感じられてしまい、尻すぼみ感が少し残念。次回の長編に期待したいですね

3
スポンサーリンク

関連商品