忍野の姪を自称する転校生・忍野扇と共にとある教室に閉じ込められてしまった暦。教室を出るカギは暦の忘れがたい過去が握っているようで……? TVシリーズファイナルシーズンの記念すべき第1話は、1時間SP!〈物語〉シリーズらしい会話劇となっています

スポンサーリンク

第1話「おうぎフォーミュラ」

04

出典 http://www.monogatari-series.com/owarimonogatari/story/

神原駿河に忍野メメの姪と自称する転校生の少女、忍野扇を紹介された阿良々木暦。 学校を移るたびに校舎の図面を作成している扇は直江津高校の図面に存在する不思議な点を発見し、その隠し部屋に暦を誘ったのだが…。

出典 http://www.monogatari-series.com/owarimonogatari/story/

スクリーンショット 2015-10-09 2.32.53

新ヒロイン・老倉育。VOFAN絵より性格がキツそうに見えますね

スクリーンショット 2015-10-09 2.26.02

何気にガハラさんもランクイン。数学100点とか阿良々木先輩マジパないです

スクリーンショット 2015-10-09 2.33.24

「私は何も知りませんよ。あなたが知ってるんです」忍野扇の根幹とも言えるセリフですね

スクリーンショット 2015-10-09 2.33.47

〈物語〉シリーズにしては珍しくキャストが多い!おそらく過去最多ではないでしょうか

今期アニメの中でも1、2を争う注目度の作品『終物語』の第1話が放送されました。

初回は1時間SP。〈物語〉シリーズらしい会話劇ながら、他のエピソードとは少し毛色の違うミステリー調のお話になっています。

筆者には謎解きの素養がないので、エピソード全体の感想を。これは原作を読んだときにも感じたことですが、この学級会には違和感しかないですね。
老倉の提案に全員従っているのもおかしいですが、なにより不自然なのが、担任教師である鉄条が「容疑者」として学級会に参加していること。結果だけ見ればその鉄条こそが犯人だったわけですが、本来であれば議長を務めるべきは鉄条であり、また教師という立場であれば老倉に罪を着せることなく、場を収めることもできたはずです。
このあたりはもちろんご都合主義的なものも多分にあるとは思うのですが、そこを踏まえた上で、ここまで〈物語〉シリーズを観てきた人間であれば許容できてしまう空気が出来上がっているようにも思えました。作品に力があるっていうのはこういうことなんでしょうね。

次回、「そだちリドル」。あの勉強会のシーンをシャフトが描くとどうなるのか、今からとても楽しみです。イヌカレー無双が来るかな?

スポンサーリンク

関連商品