電子書籍「ミニッツブック」にて連載されていた人気エッセイが待望の単行本化!文化放送の名パーソナリティ・鷲崎健の裏側に迫る一冊です

スポンサーリンク

文化放送等で活躍する人気ラジオパーソナリティ・鷲崎健さんのエッセイ集『成すも成さぬもないのだが これまでもこれからも』が11月10日に発売されます。

成すも成さぬもないのだが これまでもこれからも

鷲崎健、初めてのエッセイ集。ラジオパーソナリティ、イベント司会、シンガーソングライターなど幅広く活躍する著者が、ラジオや音楽、ともだち、そして「アニスパ」という人気番組について語る。「ミニッツブック」での全6回の連載に、書き下ろし「これまでもこれからも」を追加収録。
〈中略〉
軽快なトークと驚くべき博識。愉快を求め、散歩を愛し、リスナーやファンと気さくに語らう。そんな鷲崎健の、普段はあまり語られることのない「想い」を紡いだエッセイ集。

出典 Amazon商品紹介より抜粋

電子書籍にて連載されていた鷲崎さんのエッセイ「成すも成さぬもないのだが」が待望の単行本化。

本書では連載分全6回に加え、書き下ろし「これまでもこれからも」が追加収録。11年のキャリアの中で幅広く活躍してなお「職業:その他」な鷲崎さんの内面に迫る一冊です。

ちなみに10月26日にはクラウドファウンディングで話題となった鷲崎さんの4thアルバムも発売予定。あわせて購入を検討してみてはいかがでしょうか。

『成すも成さぬもないのだが これまでもこれからも』は11月10日発売。定価は1,620円(税込)です。

スポンサーリンク

関連商品