講談社の新レーベル「講談社タイガ」に西尾維新の最新作が登場!「星を探して欲しい」5人の美少年探偵は、主人公・瞳島眉美の依頼を解決することができるのでしょうか

スポンサーリンク

西尾維新さん原作の最新作『美少年探偵団 きみだけに光かがやく暗黒星』を購入しました。

女子中学生・瞳島眉美を主人公に、校内で噂になっている謎の集団「美少年探偵団」の活躍を描いています。

「俺たちに解けないハートと謎はない!」
新たな西尾ワールドが新レーベルで開幕

美少年探偵団 きみだけに光かがやく暗黒星 (講談社タイガ)

十年前に一度だけ見た星を探す少女――私立指輪学園中等部二年の瞳島眉美。彼女の探し物は、学園のトラブルを非公式非公開非営利に解決すると噂される謎の集団「美少年探偵団」が請け負うことに。個性が豊かすぎる五人の「美少年」に翻弄される、賑やかで危険な日々が幕を開ける。青春ミステリーの新機軸!

出典 http://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B015GW70N6/ref=tmm_kin_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=&sr=

個性しかないキャラクターが繰り広げる
西尾維新版「乙女ゲー」的な小説

講談社の新レーベル・講談社タイガにて西尾維新の新シリーズが開幕。
今回はシリーズ第1作目ということもあるのか、キャラクターが前面に強く出ていて、合わない人はとことん合わないだろうなぁという印象を受けました。

本作は「青春ミステリー」を謳ってはいますが、本格ミステリーはもちろん流行りのコージーミステリーや日常の謎というのでもなく、どちらかといえばジャンプで連載されていた「SKET DANCE」のようなコメディ寄りのトラブルシューターものが近いです。

5人の美少年達がそれぞれの特技を活かして騒動を解決していく様や、会話の端々に散りばめられた伏線が回収されていく様子など読後感は爽快ですが、こちらも西尾らしさというべきか、いささか強引……というかファンタジー過ぎる解決策は好き嫌い分かれるところかも。
少女とその周りを囲う美少年がとんでもアイデアでトラブルを解決……筆者の勝手な偏見では乙女ゲーや花とゆめ作品を彷彿としてしまうのですが、攻略するのが西尾維新のキャラかと思うと無理ゲー臭がすごいですね(笑)。ともあれ、女性受けしそうな作品に仕上がっていたように思います。

ストーリー自体は〈物語〉シリーズなどに比べると非常に王道。西尾作品の取っ掛かりにオススメできる作品ですね。

総評

謎解きではなくキャラクターを楽しむ一冊

あくまでエンタメ小説。謎解き要素は薄いので、ミステリーを期待している人にはオススメしません。
登場人物はかなり濃い目ですが、歴代の西尾作品と比べるとストーリーは王道でテンポも良く、読みやすい一冊になっています。

3
スポンサーリンク

関連商品