額縁匠・和久井の依頼でアトリエ荘を訪れた厄介と今日子。しかし到着しても応答がなく、裏口から中へ入ってみると、和久井は何者かに刺されて倒れていた。果たして彼を刺した犯人とは……? 『掟上今日子の推薦状』中盤〜後半部分が映像化。犯人や犯行動機などドラマ独自の改変がなされています

スポンサーリンク

掟上今日子の備忘録 第4話

Intro

出典 http://www.ntv.co.jp/okitegami/story/04.html

今日子(新垣結衣)にこっぴどくフラれた厄介(岡田将生)は、美術館での事件で知り合った有名な額縁匠の和久井(山田明郷)から呼び出される。彼はアトリエ荘と名付けたマンションに有望な画家の卵を集めて暮らしていたが、近々引退する予定で、これまでの仕事の集大成となる額縁を製作していた。額縁の製作期間中、工房に誰も入らないように今日子と厄介に警備をして欲しいという。

今日子と厄介はアトリエ荘に向かう。厄介は先日のことが思い出され複雑な心境だが、今日子は覚えていないので厄介の態度を不審に思う。アトリエ荘の和久井を訪ねるが、呼び鈴を押しても応答がなく、電話にも出ない。今日子と厄介は、塀を乗り越えてアトリエ荘の中へ。工房に駆け付けると、和久井が血を流して倒れていた。何者かに刺されたようだった。二人の救命処置により、和久井は命を取り留めるものの、誰に刺されたのか言おうとしない。

和久井の仕事の集大成となる額縁に入る絵は、アトリエ荘の住人たちに発注されていたが、その額縁の中に入る絵は誰の絵なのか、住人の誰一人として知らなかった。今日子は、和久井が誰かをかばっていて、その犯人はアトリエ荘の住人ではないかと推理する。
今日子と厄介が住人たちに話を聞くと、アトリエ荘の奇妙な実態が明らかになっていく。果たして二人は和久井を刺した犯人を探し当てることができるのか?!

出典 http://www.ntv.co.jp/okitegami/story/04.html

スクリーンショット 2015-11-01 0.09.56

スクリーンショット 2015-11-01 0.13.37

スクリーンショット 2015-11-01 0.14.10

今週の今日子さん。原作でもそうでしたがちょっとアグレッシブすぎますね……

スクリーンショット 2015-11-01 0.16.16

スクリーンショット 2015-11-01 0.17.30

不幸体質にも思わぬ副産物が。厄介くん何気に高スペックなのかも

スクリーンショット 2015-11-01 0.29.14

原作では犯人だった陸くん。ドラマでは真犯人が別にいる……?

前回に引き続き『掟上今日子の推薦状』のエピソード。

本筋はそのままだった前3話とは異なり、今回はストーリーを大幅に改変。犯人や動機がドラマオリジナルのものに変更され、あくまで語り部の一人称で話が進む原作に比べるとより犯人に寄せた描写が多くなっている印象。原作未読の視聴者への配慮なのか、第2話と同様にウェットな脚本になっており、この辺りの善し悪しは好みが分かれるところではないでしょうか。

さらにドラマ独自の設定として、今日子がサンドグラスに住んでいることが明らかに。ということは今日子の過去のカギを握る「天井のメモ」にも改変がなされている可能性もあるのかも?
次週の予告からも、原作1巻最終章の「さようなら、今日子さん」は必ず使われると思われるので、話の落とし所をどこに持っていくのか、これからも注目していきたいと思います。

スポンサーリンク

関連商品