早くも人気沸騰中の『いれば』最新刊が登場。前巻ラストの春斗の告白から伊月をめぐる人間関係にも変化が。さらに、これまで語られなかった羽鳥兄妹の秘密も明らかになるかも――?

スポンサーリンク

「僕は友達が少ない」で知られる平坂読さんの『妹さえいればいい。』最新3巻が11月18日に発売されます。

妹さえいればいい。3 (ガガガ文庫)

妹さえいればいいと思っていたはずなのに!

妹モノの小説ばかり書いている妹バカの作家・羽島伊月は、様々な悩みや問題を抱えながら慌ただしい日々を送っている。原稿の締め切り、恋、そして家族のこと……。アニメ化で大ダメージを負った友人作家の不破春斗から恋愛相談を持ちかけられたのを皮切りに、伊月の周囲の人間関係も動いていく。果たしてその先に待ち受けるのは激動か、平穏か――。一方、天才イラストレーターぷりけつは千年に一度のケツを持つ少女を探していた……! 羽島兄妹の事情も明らかになるかもしれない、大人気青春ラブコメ群像劇第3弾!!

出典 Amazon商品紹介より抜粋

早くもガガガ文庫の代表作となりつつある人気作品『いれば』最新刊が発売。

親友である春斗の告白により、これまで居心地の良いものであった伊月の周囲に変化が。春斗だけでなく、那由多・京・千尋……それぞれの関係がさらに複雑になりつつあるなかで、伊月は果たしてどう動くのでしょうか。

また、あらすじによると今巻では羽鳥兄妹の事情に迫る展開になる模様。千尋が義弟を演じている理由がついに明らかになるのかもしれませんね。前巻でフラグがたってしまった(?)刹那との絡みにも注目です!

『妹さえいればいい。』3巻は11月18日発売。定価は620円(税込)です。

スポンサーリンク

関連商品