〈古典部〉シリーズ2年ぶりの新作が野性時代にて掲載。題名は「いまさら翼といわれても」。前2作のような短編ではなく、中編が分載される模様です。

スポンサーリンク

人気テレビアニメ「氷菓」の原作として知られる〈古典部〉シリーズの最新作が、12月12日発売の「小説 野性時代」1月号より掲載されます。

〈古典部〉シリーズの新作は2013年10月に発表された「長い休日」以来実に2年ぶり。今回は短編ではなく中編を分載とのことなので、新刊の発売も近いのかも?
これまで同作が掲載された野性時代はどれもプレミアがついていますので、確実に読みたい方は予約を忘れないようにしましょう!

「小説 野性時代」1月号は12月12日発売予定。定価は860円(税込)です。

スポンサーリンク

関連商品