艦これの人気ノベルシリーズ『陽炎抜錨』最終巻が登場。同時発売の特装版には「ぷれみあむ小冊子」が付属。担当イラストレータNOCOさんの描き下ろし漫画や、BLADEさんほか多数の絵師による名シーンイラストが収録されます

スポンサーリンク

人気ゲーム「艦これ」のノベライズ作品『陽炎、抜錨します!』最新7巻が12月26日に発売されます。

艦隊これくしょん -艦これ- 陽炎、抜錨します! 7 (ファミ通文庫)

第十四駆逐隊よ、永遠に――

秘書艦と戦闘という二つの激務を無事遂行した陽炎は、
第十四駆逐隊の仲間とともに横須賀に戻るため佐世保を後にする。
途中、呉に立ち寄った陽炎を待っていたのは、新たに配属された新人駆逐艦娘たち。
陽炎は新人の指導係に任命され、横須賀へ彼女たちも同行させるよう命じられてしまう――。
どうなる、第十四駆逐隊!? 燃える駆逐艦魂を描く『陽炎抜錨』シリーズ、堂々最終巻!!

出典 Amazon商品紹介より抜粋

『陽炎抜錨』シリーズの最終巻がついに発売!
これまで嚮導係に秘書艦と多様なポストについてきた陽炎が、今巻では新人教育係に任命。呉時代に陽炎の指導係だった神通との絡みにも期待したいところですが、何より気になるのが前巻ラストでの潮改二フラグ。第十四駆逐隊で唯一の改二実装艦だけに、どのように活躍してくれるのか楽しみです。

なお、恒例となる「ぷれみあむ小冊子」付き特装版も同時発売。担当イラストレータであるNOCOさんの描き下ろし漫画が収録されていますので、興味のある方はぜひこちらを購入してみては。

『陽炎、抜錨します!』7巻は12月26日発売。定価は通常盤が691円、特装版が1,058円(ともに税込)です。

スポンサーリンク

関連商品