厄介が再会した今日子は自身の名前を忘れ、澤野里美としての人生を歩んでいた。彼女が幸せならば、と身を引く厄介だったが、夫を名乗る澤田がとある殺人事件に関わっていたことを知らされ……? ドラマ版忘却探偵もついに最終回。原作派には驚きの王道ラストは必見です

スポンサーリンク

掟上今日子の備忘録 第10話(最終話)

スクリーンショット 2015-12-13 22.03.49

出典 http://www.ntv.co.jp/okitegami/story/10.html

今日子(新垣結衣)が姿を消して以来、厄介(岡田将生)は彼女を探し続けていた。10日目、厄介は、デートの約束をしていた映画館の前で黒髪になった今日子を見つける。しかし、厄介が声をかけても、今日子は“掟上今日子”という名前も忘れており、厄介を冷たくあしらって去っていく。厄介は今日子の後を追うが、途中で見失ってしまう。

翌日、今日子を見失った場所を再び訪れる厄介。今日子の姿を見つけ、声を掛けようとすると厄介の前に、澤野(要潤)が立ちはだかる。今日子は、いまは澤野の妻・里美として暮らしているという。二人は昔出会って結婚までしたが、彼女が突然いなくなってしまい、何年も探していたのだと聞かされる厄介。里美と呼ばれる今日子は、澤野に守られて穏やかな暮らしをしているようだった。厄介は今日子の幸せを壊したくないと思い、彼女に別れを告げる。

一方、「サンドグラス」は、閉鎖の危機に。スポンサーだった大金持ちの態条が亡くなったため、法郎(及川光博)は「サンドグラス」の経営を続けていくのは難しいと考えていた。それは、同時に“探偵・掟上今日子”の居場所が無くなることも意味する…。態条の死のタイミングで今日子が失踪し、夫という男まで現れた。今日子の過去と態条の死には何か関係があるのか?謎は深まるばかり。
今日子が探偵として生きてきた痕跡は、次々と消されつつあった。厄介は、今日子を忘れようとするものの、忘れられない。そんな中、刑事の遠浅(工藤俊作)が厄介を訪ねてくる。厄介は遠浅から、4年前に今日子が解決した殺人事件に澤野が関わっていたことを知らされ…。

出典 http://www.ntv.co.jp/okitegami/story/10.html

1-1

1-2

攫われた今日子さんは体の文字を消され、「澤野里美」として生きることに。

2-1

2-2

厄介との再会から澤野に疑問を持つ今日子さん。書き続けていた「備忘録」が思わぬ役目を果たす。

3-1

3-2

案の定裏があった澤野。予想通りとはいえ、思わせぶりに伏線を張った割には肩すかし感が……

4-1

4-2

法郎さんにも最後に見せ場が。他力本願が実に彼らしいですね。

5-1

5-2

5-3

騒動を経て、ついに心を通わせる二人。ドラマ版だからこそ出来た展開ですね。

6-1

6-2

6-3

全ては元どおりになり、厄介やサンドグラスの面々との日常は続く。しかし、彼女の記憶は続かない。

ドラマ版「忘却探偵」もついに大団円。

最終回のエピソード単体としてみると、思わせぶりな演出をした割に澤田周りのとってつけた感の設定が目立ち、満足度は低め。
しかし、全10話で一作品として観ると、この王道なラストを迎えるためのスタッフの細かな気遣いが見てとれ、良い作品になったのではないかと思います。
原作の、ある種全能感のある今日子さんではあり得ない展開ですが、ドラマの今日子さん、そして厄介くんならではのラストシーンは素晴らしかったですね。でもだからこそやっぱり澤田周りの出来が本当に惜しい……。

個人的に西尾作品は変化球的なものが多く、それはこの忘却探偵シリーズも多分に漏れないと思っています。繰り返しになりますが、それを10話全て使ってきちんと原作とは別の作品として王道に仕上げたスタッフに賛辞を。そして新垣さん、岡田さん含めキャストの皆さまもお疲れさまでした。

スポンサーリンク

関連商品