櫻子さんの足下には死体が埋まっている

2016-01-17 0.18.46

【注目の新刊】太田紫織『櫻子さんの足下には死体が埋まっている 狼の時間』1月23日発売!忍び寄る花房の魔の手……そのとき櫻子さんは——?角川文庫人気キャラクターシリーズ最新作が登場

これまで沈黙を保ってきた花房からの依頼……正太郎に迫る危険を前に、櫻子さんは——? 宿敵の登場でストーリーが大きく動き出す、『櫻子さん』待望の最新作が登場
アイキャッチ

『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』第4話 感想 初めての前後編!果たして櫻子さんは呪いの謎を解くことができるのか……?

“いいちゃん”の事件で知り合った警官・内海から相談を受ける櫻子と正太郎。内海の友人・藤岡の家系では代々「呪い」の影響で男子が短命であり、藤岡も自身の死期が近づいているというのだが……? 初の前後編構成。前話に比べるとミステリー色の強いエピソードになっています
1445438959-0979-002

『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』第3話 感想 もう一人のヒロイン・鴻上が本格参戦。前話までとは少し毛色の違う事件に

正太郎と櫻子は当麻の山中で白骨遺体を発見する。後日、遺体は前回も登場した鴻上百合子の祖母であることが分かった。警察から死因が自殺であると告げられ、自責の念にかられる鴻上だったが……? もう一人のヒロイン・鴻上に焦点が当たった、前話までとは少し毛色の違うエピソードに
1444833319-0432-001

『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』第2話 感想 「母は強し」と手放しでは言えない悲しいエピソード。以降の展開を彷彿とさせるアニメ独自の伏線も

正太郎は深夜のコンビニで幼女を保護する。櫻子によれば親からの虐待の痕が見られるとのことだが……? 今回は原作2巻のエピソードが映像化。「あの人物」を匂わせるセリフなど、ところどころにアニメ独自の改変がなされています

太田紫織『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』レビュー 高校生・館脇正太郎と“骨好き”美女・櫻子の周囲で繰り広げられる「骨」と「死」にまつわるミステリー

10月にはTVアニメも放送される人気作。謎解きよりもキャラクターに主軸が置かれていて、小説としての読み味は若干薄いものの、映像映えする内容になっています。