ライトノベル

和ヶ原聡司『はたらく魔王さま!』15巻 レビュー 戦いの舞台はついに宇宙へ!?物語が大きく動いた、ターニングポイントとなるエピソード

はたらく異世界ファンタジー最新刊が登場。今巻でずっと引っ張られ続けてきた天界と魔界の真実が判明。“神殺し”を依頼されている真奥、恵美の描写はそこそこに、エメラダや芦屋など周囲の人間の視点から改めて現状を再認識させるエピソードになっていました

西尾維新『混物語/第忘話 きょうこバランス』レビュー 劇場版「傷物語」来場者特典第一弾!厄介とは一味違う(?)暦と今日子の掛け合いが楽しめる一冊に

浪白公園のベンチで眠る白髪の女性を発見した暦。掟上今日子と名乗るその女性は、眠ると記憶を失う「忘却探偵」。彼女が忘れてしまった事件とは果たして……? 劇場版「傷物語Ⅰ 鉄血篇」来場者特典の第一弾は忘却探偵シリーズとのコラボ小説。暦と今日子さんの、厄介とは一味違った掛け合いが楽しめる一冊になっています

BD&DVD特典小説『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(e)』レビュー 本編とは異なるマラソン大会での一幕——。最後の独白は、aシリーズのラストを暗示するものになりうるのか……?

葉山と雪乃・結衣の噂をなくすために話し合う八幡と葉山。「目を逸らしている」葉山の言葉を受けて、八幡は——? 本格的に本編とは違う展開を見せはじめた「a」シリーズ最新作が登場。のちの展開を変えかねない、大きな相違点が見られるターニングポイント的なエピソードです

BD&DVD特典小説『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(h)』レビュー 八幡と葉山、彼らが目を逸らしてでも見ようとしているものとは——。対照的な二人を掘り下げる内容に

三浦からの依頼により、噂の対処に乗り出す八幡。大元である葉山との会話の中で、八幡、そして葉山が目を逸らしているものに気づかされ……? 原作とは異なる流れで進む「a」シリーズ最新作。懐かしのあのキャラクターも再登場する見どころの多い一冊になっています 

BD&DVD特典小説『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(t)』レビュー 本編との明確な差異を見せながらも、ストーリーの大きな流れは変わらず。「a」シリーズが行き着く先とは……?

「で、比企谷くんは? もう選んだ?」新年の街で八幡と結衣の前に偶然居合わせた陽乃・葉山。いたたまれない八幡に対し、陽乃が囁くように問いかけた内容とは……? 俺ガイル本編とは異なる流れで進む「a」シリーズ最新刊が登場

ダンまち外伝『ソード・オラトリア』5巻 レビュー 時系列は本編5巻。ロキファミリアとベルの束の間の邂逅を描く

「ダンまち」の人気スピンオフ『ソード・オラトリア』待望の新刊が発売!仲間の負傷で18階層に留まることになったロキファミリアと、階層主から命からがら逃げ出したベルたちの束の間の邂逅を描いています。